電力会社を変えると電気代がアップ?乗り換えて損しないコツを教えます

夏の猛暑に冬の寒波と、エアコンに代表される冷暖房機器を活用する方は多いでしょう。これらは電気代がアップする大きな要因ですが、使わないわけにはいきません。そのため新電力に乗り換えて、電気代を節約しようとお考えの方も多いと思います。なかには電気料金割引以外の特典も付与する新電力もあるため、うまく活用するとお得です。

一方で新電力は、すべての方が安さの恩恵を受けられるわけではありません。そもそも契約できない場合や、かえって高くなるケースもあります。このため年間の電力消費傾向を把握した上で、あなたに合った電力会社を選ぶことが欠かせません。

この記事ではお得に電気を使いたい方のために、新電力に乗り換えて損しないコツを解説します。

今はお得な電力会社を選べる時代

電力会社は、ご自身で選べる時代です。2020年8月12日現在、登録小売電気事業者(新電力会社)は670にもおよびます。

全国で新電力を選ぶことが可能ですが、なかでも関東圏は選択肢が豊富なことが特徴です。帝国データバンクが2018年9月7日に公表した調査結果によると、新電力会社の本社所在地が関東圏という割合が49.2%にのぼることは、これを示す1つのデータです。

新電力を選ぶ基準として、安さやお得さを選ぶ方は多いでしょう。エム・アール・アイリサーチアソシエイツ株式会社は2019年1月9日に公表した調査結果において、半数以上の方は安さを切り替え理由にあげています。

どれだけお得になるか、事前のシミュレーションをおすすめ

新電力は、誰にでも安さを提供してくれるとは限りません。電気の使用量が少ない場合は契約自体ができないか、かえってアップしてしまう可能性もあります。実際に、契約アンペア数を30A以上とする新電力は少なくありません。

ここでは2020年9月時点のニチデン「東京レギュラープランB」と、東京電力(従量電灯B・口座振替割引55円を適用)を比較し、それぞれどちらが安いか見てみましょう。契約アンペア数は30Aと仮定します。

電子使用量  ニチデン 東京電力
150kWh ¥4,580 ¥3,956
250kWh ¥6,795 ¥6,289
370kWh ¥9,644 ¥9,646
500kWh ¥12,847 ¥16,851

月間の電力使用量が370kWhを境にして、これより少ない場合は東京電力が、多い場合はニチデンがお得なことがわかります。特に500kWhの場合は、ニチデンのほうが4,000円前後少なくなることは特筆すべき点です。冬にエアコンを使う方は電力消費量が多くなりがちですから、新電力に変えるメリットはあるでしょう。

一方で一人暮らしの方など電気をあまり使わない家庭の場合は、新電力に変えると損する場合もあります。株式会社LIFULLによると、一人暮らしの方の電力使用量は平均で154kWhとなっています。あまり電力を使わない場合は、本当に得かどうか事前にシミュレーションすることをおすすめします。

乗り換えするなら金額だけでなく、特典やサービスも要チェック

新電力にはガソリン代割引やポイント付与など、料金以外にもお得なサービスを提供する運営会社があります。あなたに役立つ特典を提供する新電力を選べば、一石二鳥となるでしょう

ここでは一例として、ENEOSでんきを取り上げます。ENEOSでんきでは、以下にあげるいずれかのサービスを選べます。

支払い手段 ポイントの特典 その他
ENEOSカードS 1,000円ごとに6ポイント ガソリン・軽油代が1リットル当たり3円引き
Tポイントに紐づけ 200円ごとに1ポイント 特になし
特別提携カード ポイントが1.5~4倍 (カードにより異なる)

毎月250kwh使う家庭を例に考えてみましょう。特別提携カードにセブンカード・プラスを選んだ場合、それぞれ得する金額は以下のとおりになります。

電力使用料 実質的な電気料金 年間の割引額 備考
通常料金 ¥6,296 ¥0  
ENEOSカード S(車を使用) ¥6,260 ¥2,088 毎月46リットルのガソリンを給油すると想定
ENEOSカードS(車なし) ¥6,260 ¥432  
Tポイント ¥6,265 ¥372  
セブンカード・プラス ¥6,234 ¥744  

車を使う家庭ならENEOSカードSで、そうでない場合はセブンカード・プラスで支払うとお得なことがわかります。いずれも普通に使っていれば年会費を無料にできるカードですから、作っておいて損はありません。

料金表だけを見ず、各自のライフスタイルに合った電力会社を選ぶことが重要

新電力各社がアピールする「お得」という文字を見ると、つい自分にも当てはまると思いがちです。しかし新電力に切り替えても、全員が得するとは限りません。このため料金表だけを見ず、各自のライフスタイルに合った電力会社を選ぶことが重要です。

前へ

証券口座数は増えているが未稼働口座数も増えている?株式投資は始めること以上に継続することが大切

個人年金保険のメリットとデメリット~老後資金対策として活用する際の注意点とは?

次へ