老後資金の貯め方!長期運用の重要性と複利効果を解説!

老後2,000万円問題をきっかけに老後破綻の問題がクローズアップされました。対策の1つが年金が始まる65歳までに老後資金を貯めることです。今回の記事では、老後資金を貯めるための長期運用の重要性と長期運用による複利効果について解説します。

老後の必要資金は個人ごとに大きく異なる

資金準備をスタートする前に、老後の必要資金としていくら貯めるのか、目標設定しましょう。長い人生で何が起こるかわかりませんが、将来の状況を予想して必要資金を計算します。

老後2,000万円の計算方法

話題となった老後2,000万円は、総務省統計局の「2017年家計調査(家計収支編)」をもとにモデルケースとして算出されました。計算方法は下記のとおりです。 (老後資金)=(毎月の生活費の赤字額)×(老後年数30年間)×12か月 平均的な赤字額5万4,519円を当てはめると老後の家計は2,000万円の赤字です。 しかし、2019年度調査の赤字額3万3,269円を使うと赤字は1,200万と大幅に減少します。老後の必要資金は前提条件の設定次第で大きく変動することを覚えておきましょう。

老後の必要資金は個人ごとに計算が必要

モデルケースを説明しましたが、老後資金の目標を設定するには個人ごとに必要資金の計算が必要です。老後の必要資金は個人ごとに大きく異なるからです。 たとえば、年金の少ない自営業者は、生活費25万円・年金収入10万円と仮定すると必要資金は5,400万円にもなります。下記リンクを参考に、老後の生活費や収入を予想し上記の計算方法で算出しましょう。 →「老後2,000万円問題のカラクリ?老後破綻を回避する3つの方法を解説」

必要資金の準備方法はさまざま

必要資金の目標が決まったら、次はどうやってそのお金を準備するかです。運用方法やどの時期にどれだけお金を貯めるか計画が必要です。

積立金の運用方法

まとまった資金があれば別ですが、一般的には毎月一定額を積み立てることになります。積立金の主な運用方法と特徴は下記のとおりです。

  • 預金:円預金なら元本割れリスクのない安全性の高い商品だが、利回りが低い
  • 個人年金保険:有期の確定年金は元本割れリスクはないが、予定利率が低下している。変額年金や外貨建て年金など高い利回りを狙う商品もある
  • iDeCo(個人型確定拠出年金):税制上、最もメリットが大きい。預金や投資信託など、運用方法も選べる
  • つみたてNISA:iDeCoと似た特徴を持つ。iDeCoより税制メリットが少ない代わりに運用方法、積立金の引き出しなどの自由度が高い

お金を貯める時期

収入や支出はライフステージごとに大きく異なるため、貯蓄をできる時期や金額もライフステージに応じて違ってきます。3つの時期に分けて特徴を確認しましょう。

  • 子どもが小学校まで(25歳~44歳くらい)
    収入の増加とともに教育費や住宅費の負担が増え始める時期。工夫次第で貯蓄は可能。
  • 子ども中学校から大学まで(45歳から54歳くらい)
    教育費がピークとなる一方、住宅ローンの負担も重い。貯蓄するには厳しい時期。
  • 子ども独立以降(55歳から64歳くらい)
    教育費が不要となり支出が一段落。老後に向けて全力で貯蓄をする時期。

長期運用が重要(2000万貯めるためのモデルケース)

老後の必要資金はかなり高額になるため、具体的にどうすればいいかイメージしにくいかもしれません。下記シミュレーションを参考に自分なりの貯蓄計画を立ててみましょう。

65歳までの貯蓄シミュレーション

年金がスタートする65歳までに2,000万円貯めるには、毎月どれくらい積み立てればいいかをシミュレーションします。ライフステージごとに積立金額を変え、下記前提で計算しました。

  • 25歳~44歳は長期運用によりリスクの低減を図れるため、株式中心の投資信託など高い収益を狙える商品で運用することを前提に利回りを3%で設定。
  • 45歳から54歳は教育費の出費がピークを迎え、住宅ローンの支払も重なり収支が厳しくなる可能性が高いため貯蓄は0円で設定。
  • 55歳~64歳は教育費などの支出が減った分を老後資金づくりにあて積立を大幅に増額。ただし、運用期間が短いことと低リスクで運用することを前提に利回りを1%で設定。

(65歳までの貯蓄シミュレーション)

  22〜44歳 45〜54歳 55〜64歳 積み立て金額
パターン① 2万円 0円 0円 約2,200万円
パターン② 1万円 0円 12万円 約2,100万円
パターン③ 0円 0円 18万円 約2,000万円


25歳~44歳まで毎月1万円を積み立てれば65歳で約600万円貯まります。55歳以降、月12万円積み立てれば合計で約2,100万円貯められます。(パターン②) 44歳までの積立金を2万円にアップすれば、55歳以降は8万円で済みます。(パターン①) また、55歳から貯蓄スタートなら毎月18万円も積み立てが必要です。(パターン③) 少額でも若い時期に少しずつ貯金を続ければ、55歳以降の積み立て必要額は大きく変わります。高額な老度資金を準備するには、長期にわたる資産運用が必要です。

長期運用の複利効果
また、長期運用の複利効果についても覚えておきましょう。毎月1万円を年利1%、3%、5%で10年間積み立てたときの65歳時の積立金額は、積立時期により下記のとおりです。
(65歳時の積立金額)※1万円未満は切り捨て

積立時期 25〜44歳 45〜54歳 55〜64歳
年利1% 154万円 139万円 126万円
年利3% 254万円 188万円 139万円
年利5% 282万円 209万円 155万円

年利3%でみると、「55歳~64歳」に積み立てたときは元金120万円に対し19万円しか増えないのに対し「25歳~44歳」なら134万円も増え、その差は115万円です。利回りが高くなれば複利効果はさらに大きくなります。 今回の記事では、老後資産を貯めるために長期運用が重要であることと複利効果が大きいことを解説しました。資産運用というと難しく感じるかもしれませんが、まずは練習のつもりで少額からスタートすることをおすすめします。

前へ

介護が必要となる原因で最も多いのは認知症!経済的に備えることができる認知症保険とは

セカンドライフに必要なお金はいくらくらい?ゆとりある生活を送るために必要な金額とは?

次へ