「NISA? つみたてNISA?」選択の決め手はいかに

1年で103万口座を達成したつみたてNISA利用者の4割は若年層

2018年から制度が始まったつみたてNISA、昨年1年で103万口座を達成しました。一般NISAの開設数が1000万口座を超えていることに比べるとまだまだ普及が進んでいる最中と言えます。一般NISAの口座開設数は60代以上が大半を占めているのに対し、つみたてNISAは開設者の4割が20代~30代。働く世代の中でもこれから資産形成をしていく若年層へ適した制度です。

一般NISAとつみたてNISAは、どちらか一方の口座を選択する必要があります。1年ごとに変更は可能ですが、「積立」という仕組み自体が長期継続することで効果を生み出すものであることを考えると、こまめな変更はあまり得策とは言えないでしょう。ではどのように選べばよいか、両者の特徴と合わせて考えてみましょう。

投資の目的で選ぶ/長期的な資産形成を目指すのか、まとまったお金を活かすのか


まず目につくのは一般NISAとつみたてNISAの非課税枠の差です。

すでに貯まっているまとまった資産を利用して運用益を生み出すのが目的であれば、非課税枠が120万円と大きく、かつ選択できる商品の種類も多い『一般NISA』が適していると言えます。次に、これから資産を形成していくことが目的の場合です。例えばつみたてNISA枠を毎年満額利用して制度終了の2037年まで積立をすると、20年間での投資金額は最大800万円にもなります。現在すぐに投資に回すことのできる資金が多くなくとも、コツコツ積み立てることで長期的に見れば立派な資産を形成することができます。昨今注目されている老後資金の自助努力としても、活用することができるでしょう。

投資スタイルで選ぶ/自身の裁量を活かすのか、ドルコスト平均法か


つみたてNISAの取扱商品は限りがあり、また積立での投資のみとなるため、「好きなタイミングで買いたい商品に投資する」ということができません。個別株等ご自身で商品を細かく選択したい、もしくはタイミングを見計らいながら能動的に投資していきたいのであれば、少額からでも一般NISAの利用が向いていると言えます。非課税期間は5年ですが一般NISAでも積立は可能なので、積立投資と裁量投資を並行して行えるのも大きなメリットでしょう。
逆に、銘柄や相場状況を逐一チェックする余裕はない、ある程度放置しておきたいという場合には、非課税期間が20年となるつみたてNISAでコツコツ積み立てていくことで、ドルコスト平均法(*一定金額ずつ分けて定期的に買付することで、買付単価が平準化され価格変動リスクを低減する効果があるとの考え方)のメリットを享受できる可能性があります。取扱商品はまだ少ないとはいえ、金融庁の定める基準をクリアした一定の商品ばかりとなっていますので、初心者でも銘柄の選定がしやすいという良さもあるでしょう。

これだけはぜひ知っておきたい、年金制度と仕組みを解説

次へ