新型コロナウイルスも適用対象。健康保険の傷病手当金も要チェック

新型コロナウイルスにかかったら仕事もなかなかできないため、収入が心配になります。 もし働いている方なら健康保険の傷病手当金を活用し、療養期間中の生活費をまかなうことも可能です。 一方で傷病手当金の額は給与だけでなく、残業代や通勤手当などの額にも影響されます。本記事では傷病手当金の制度を確認するとともに、同じ収入でも傷病手当金の額が異なるケースを取り上げ、解説していきます。

傷病手当金の制度をおさらい

傷病手当金は、働いている方が利用できる制度です。まずは制度の内容を確認しておきましょう。
・業務災害を除く病気やけがの療養を理由にして仕事を休み、会社から給与等を受け取れない場合に支給される
・標準報酬月額(直近12ヶ月の平均)を30で割り、3分の2を掛けた金額が、対象となる日数分支給される
・仕事を3日連続して休んだ場合、4日目に休んだ日の分から支給される
・上限は支給開始日から1年6ヶ月
・1年以上継続して職場の健康保険に加入している方は、退職後も傷病手当金を受けられる(資格喪失日の前日の時点で、受給の条件を満たしていることが必要)

算定の基礎となる金額は給与ではなく「標準報酬月額」です。従って通勤手当や残業手当、家族手当なども含まれます。一方で出張手当や年3回以下の賞与は含まれません。一方で仕事を3日連続して休む条件は、土日祝日や公休日、有給休暇を取得した日を含んでいても良いとされています。このため土休日休みの会社の場合は、3連休をきちんと休んだだけの場合でも「3日連続して休む」条件を満たします。

傷病手当金は、新型コロナウイルスも対象です。上記の条件を満たしていれば、受け取ることが可能です。但し濃厚接触者というだけでは対象外となることに注意が必要です。

なお療養期間中に会社から給与等が受け取れる場合、傷病手当金は支給されないことが原則です。但し給与が傷病手当金の額を下回る場合は、差額が支給されます。

ここでは標準報酬月額が36万円の方を例に取り上げます。基本給が30万円の方で、療養期間中に基本給が全額(30万円)支払われる方の場合、傷病手当金は支払われません。一方で基本給・歩合給とも18万円で療養期間中は基本給の分しか受け取れない方の場合は、差額の6万円が傷病手当金として支給されます。

国民健康保険の加入者でも、お住まいの自治体によっては受け取れる場合がある

傷病手当金は社会保険と呼ばれる、職場の健康保険に加入する方はもちろん利用できますが、これに限りません。国民健康保険に加入している方でも新型コロナウイルスに感染した方の場合は、傷病手当金を受け取れる自治体があります。お住まいの自治体に確認するとよいでしょう。

なおこの制度は、雇用されている方が対象です。このため自営業者など、雇用されていない方は対象外となります。

他の制度との関連で注意したいポイント

新型コロナウイルスでの利用が想定される制度には、以下のものも挙げられます。

・雇用保険の失業給付や傷病手当
・有給休暇など、企業独自の休暇制度

さきに解説した通り、傷病手当金は条件にあてはまれば、離職後も受け取ることが可能です。但し受給中は働けない状態であるため、失業給付の基本手当を受け取ることはできません。また雇用保険には働けない状態の方が基本手当と同額を受け取れる「傷病手当」制度もありますが、健康保険の傷病手当金を受け取れる場合はそちらが優先されます。 また傷病手当金では収入の減少が避けられませんが、有給休暇を使うと出勤した場合と同じ賃金が支払われます。このため、有給休暇の取得を勧められる可能性はあります。例えば有給休暇が20日分ある方なら、おおむね1ヶ月前後は療養にあてられることでしょう。企業によってはさまざまな有給の休暇制度を設けている場合もありますから、この機会に確認することをお勧めします。

傷病手当金の金額をシミュレーション

ここからは例を取り上げ、傷病手当金をいくら受け取れるかシミュレーションしてみましょう。さきに解説した通り、傷病手当金は標準報酬月額によって決まります。このため基本給が同額でも、残業代や通勤定期代、各種手当などにより金額は異なります。

ここでは同じ職場で働く2名を例にとって、どのように変わるか考えていきましょう。なお月間の労働時間は160時間と仮定し、深夜労働や法定休日の出勤は無いものとします。

項目 Aさん Bさん
基本給 320,000円 320,000円
残業代(残業時間) 25,000円(10時間) 75,000円(30時間)
通勤手当 10,000円 25,000円
家族手当 0円 10,000円
賞与(年2回) 1,920,000円 1,020,000円
年間金額 6,180,000円 6,180,000円
標準報酬月額(等級) 360,000円(25等級) 440,000円(28等級)

基本給や年間総額はAさん・Bさんとも同額です。しかし手当の額は異なるため、受け取れる傷病手当金の額も以下のように変わります。
Aさん:1日当たり8,000
Bさん:1日当たり9,778


給与や賞与込みの金額が同じでも、残業代や各種手当の額によって傷病手当金の額が変わることがおわかりいただけたことと思います。いざという時にいくら受け取れるか、事前に試算しておくことをお勧めします。


前へ

進学決定!自宅通学かアパート暮らしか、選ぶポイントを解説

老齢年金の繰り下げ限度が75歳に延長!繰り下げ受給の損得を解説

次へ