NISAとつみたてNISAどっちがお得?

NISAとつみたてNISAの制度比較投資を始めようと考え、NISAに興味を持たれている方は多いのではないでしょうか。 NISAとは2014年にスタートした個人投資家向けの税制優遇制度です。イギリスの類似制度であるISAを参考に作られたことから「日本のISA」でNISAという愛称がつけられました。成人のNISAには2種類のあり、「NISA」と「つみたてNISAと呼ばれています。それぞれの制度の概要は下表の通りです。

【NISAとつみたてNISAの比較】

  NISA つみたてNISA
開始時期 2014年 2018年
購入方法

一括での購入・つみたてでの購入どちらも可

一定額を定期的に購入するつみたて方式による購入

対象商品 株式・投資信託等 一定の投資信託(販売手数料0等の基準あり)
年間の投資可能額 120万円 40万円
運用期間 最長5年間 最長20年間
最大非課税投資枠 600万円(120万円×5年間) 800万円(40万円×20年間)

NISAは1年間に非課税で購入できる金額が120万円となりますので、つみたてNISAの年間40万円よりも大きい金額で投資をすることが可能です。 一方でつみたてNISAは最長20年間投資を継続することができますので、長期間投資を継続するのであれば、つみたてNISAの方がより非課税の恩恵を受けることができる投資額が大きくなります。 NISAとつみたてNISAは選択制となっていますので、どちらを利用するかを選ぶ必要があります。

NISAとつみたてNISAの利用者数と利用金額

NISAとつみたてNISAはどちらの方が多く使われているのでしょうか。口座数を比較してみましょう。
【NISAとつみたてNISAの口座数(単位:万)】
出典:金融庁HP

NISAは約1,210万口座に対し、つみたてNISAの口座数は約275万口座です。NISAの方が多く使われていることがわかります。次にそれぞれの買付額も確認しておきましょう。

【NISAとつみたてNISAの買付金額(単位:億円)】
出典:金融庁HP

NISAの買付額は20兆2,060億円に対し、つみたてNISAは5,613億円です。 買付額では口座数よりもさらに大きな差が開いていることがわかります。

つみたてNISAは若い世代の利用が多い

NISAの方がつみたてNISAよりも口座数、買付額ともに大きいことがわかりました。 次に年代別の買付額比率を確認してみましょう。

【NISA・つみたてNISAの年代別買付額比率】

  NISA つみたてNISA
20歳代 2.9% 12.1%
30歳代 9.1% 26.9%
40歳代 13.8% 28.4%
50歳代 17.1% 18.9%
60歳代 28.1% 9.7%
70歳代 22.1% 3.5%
80歳代 6.9% 0.5%

出典:金融庁HP

つみたてNISAは年間の購入可能額は40万円とNISAに比べると少ないものの20年間投資ができるというメリットがあります。 そのため、少しずつお金を貯めていくことが必要となる若い世代の資産形成にはつみたてNISAの方が向いていると言えるでしょう。実際につみたてNISAは20代・30代の割合が39.0%とNISAの12.0%を大きく上回っています。 一方のNISAは退職後の世代が多く、現役時代に貯めたお金で投資をしていることがわかります。 NISAとつみたてNISAは税制メリットがあるため、投資をする際は是非利用したい制度です。それぞれのメリット・デメリットがあるため、ご自身の運用の目的にあわせて選択するとよいでしょう。

前へ

老後資金を貯めるにはどうしたらいい?みんながやっている方法とは

公的年金アップで老後対策?妻の厚生年金加入がポイント!

次へ